<   2004年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

「僕の彼女を紹介します」試写
チョン・ジヒョン主演の新作映画を試写会で見てきました。

「猟奇的~」ですっかり彼女(映画の"彼女"ではなくチョンジヒョン)のことが好きになり、とは言え出演作を片っ端から見たりはしていないのですが…
ドラマ「Happy Together」は見ましたが、あんまり良くなかったですね~
(Y2Kのコジェグンが一瞬でたことはウケましたが/笑)

あまりストーリーには触れませんが、以下に感想を書くので、映画についてちょっとも知りたくない人は読まないで下さい。
b0036717_6275578.jpg


今作は「彼女」ではなく始めに名前が紹介されました。
猟奇的~では最後まで「彼女」でしたよね。
そしてやはり「猟奇的な彼女」でした。今でも猟奇的って言葉は使うんでしょうか???
でも、今回は強い女の子というよりも、彼女が彼を想う気持ちが強く打ち出されていたように思います。

猟奇的~は、彼女のひとめ惚れから始まったんですよね。
私はそれにまったく気付かなかったんですが、後日雑誌か何かで読みました。

今回もそうかも知れないです。
一目ぼれではないけど、彼女のほうが先に好きになったみたいです。
そう感じた、可愛いシーンがありました。

彼女の豪快さ(?)が抑えられており、正直ちょっと物足りないかなぁ…と思っています。

泣けるシーンもありました。
でも私の場合、それが映画の中盤にあったので「終わりかな?」と思ってからが凄く長かったです。周りの人はいっぱい泣いていたので、泣きツボ満載だったのかも?

前作同様、彼と彼女のバカップルぶりがおもしろかったです。

あと、この監督は映画同士をどこかでつなげるのが好きなようで、猟奇的~、ラブストーリー両方にそれぞれつながる部分があったのですが、最後に「え~そこでつなげるのかよ!」と、テンション下がりました。(一気にチャンヒョクの存在感が薄れてしまいました)

今日は「学校へ行こう!」が「韓国へ行こう!」となり、チョンジヒョンが出演するそうです。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-30 06:45 | 韓国芸能/映画/音楽

東方神起を見てきた
韓国芸能はメルマガでニュースを読む程度なのですが、東方神起が名古屋にも来るというので
「では行きましょう。」
と、即決。ファンでもないのに(むしろグループ名しか知らない)見に行きました。
だって、名古屋にくる明星って少ないし、せっかく美少年達が来るんなら~いかなきゃね!

割と真面目に(?)30分前に会場につきましたが、今回は友人が皆行けなかったので1人だった為、時間をつぶすのに困る。
予定より10分遅れで東方君たちは登場。
開始前にスタッフが
「メンバーが登場しても絶対に押さないで下さい!!!!!」
と何度もお願いしていたが、一体何を期待しているのだ!?ぺ氏ペンのおば様達のようにけが人が出ると思ったのか?そんなに熱くなってないよねぇ~と隣の人が呟く。そうそう、と私も心の中で頷く。(でもこの隣の人、手作りボードもって来てました)
そして実際、押されることはなかった。と言うかそんなに人集まってないですヨ(笑)

はじめに自己紹介をして、用意された椅子に座ろうとすると「見えな~い」というペンの為に「じゃあ、立ったままでやりましょう」いい子達だねぇ。
通訳さんがいたのだけど、あんまり聞き取れなかったのでトークは覚えていません(失礼!)
天むすを食べたとか言ってたような…?

あとは、覚えた日本語披露コーナー
「イタダキマス(ゴチソウサマだったかも?)」とか「アナタハカワイイデスネ(←お約束)」はまぁともかく「ザンネン!」と言ったのはby-波田陽区だったのかなぁ?恥ずかしそうに小さい声で言ったのでウケてなかった。進行係にも「意味不明」とか言われてたし。

それから日本のファンを見た感想を聞かれて「みんな綺麗」は来日したら誰でも言ってますが「手が綺麗」と言ったのはこの子達が始めてかも?みんな手を振りまくっていたから?

東方君たちは馴れないいるぼんペンを目の前にきょとんとした感じでした。その立ち振る舞いに性格が表れていたのかも?しゃべり担当、美形担当(常に俯き気味で決して愛想は振りまかなかった彼…)、愛想担当(写真を撮ろうとするファンの為に笑顔とポ-ズを作っていた彼/撮影は禁止です)

今回は「トークイベント」となっていましたが、最後にアカペラを披露。
本当に上手だったのね…!

15分くらいの短い間でしたが、グループ名しか知らない我でもとっても楽しいひとときでした。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-28 09:47 | 韓国芸能/映画/音楽

再び田臥くん
ここには書いてないけど、密かに応援し続けている。
今日はNHKで彼の特集番組が放送するとのことなので、ん~楽しみ楽しみ。

スポーツ大陸

<感想>
自分と同じ年頃の子が、すっごく頑張ってると「自分ってなんなんだろう?何にもしてないな」と大学生の頃よく思っていました。

私が田臥君に惹かれる理由は多分、頑張ってる姿とそれに結果がついてきてることと、かわいらしい雰囲気(←このへん余計ですか?)なんだと思う。
彼ほどではないけど、私もあることを目指して、毎日血の滲むような努力をしている身なので、スポーツ選手の精神力の強さは学ぶところが多い。

「できる人とできない人の違いは技術の差ではなく気持ちの問題」とか
「やってみなきゃ分からない。やらずに後悔するより、やって失敗するほうがいい。」とか
「自分の役割に気づくこと」(持ち味を生かす、長所を伸ばす)

夏ごろに全日本女子バレーの柳本監督が言ってたことと、田臥君の言葉です。

いままでスポーツは見るよりやる派で、スポーツ観戦で感動するなんて一度もなかったけど、女子バレーに感動し、今は田臥君に感動している。
自分も頑張っているからかな…?と思います。

話が全然テレビを見た感想になっていないので、戻します。

田臥くんは感情を表に表さないクールガイだと思っていたけど、いくつかドキュメンタリーを見るうちにそうじゃない感じがしてきました。
感情を殺そうとしてるけど、つい出ちゃうタイプのようです。
怪我をして練習を休んでいたときは「大丈夫です」を連発、ベンチメンバーを外された時も「前向きに頑張っているんで…」を連発し自分に言い聞かせているようで、カメラをまっすぐ見なかった。
逆に開幕時のインタビューでは「今はまだ信じられないと言うか…一人で喜びをかみしめたいです」と、笑いをこらえていましたね。そういう素直なところが可愛いです。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-27 00:35 | スポーツ

S.H.E 「安可」がいい感じ♪
某Jさんが曲をあげてもあげなくても、割と聴くほうだと思う、S.H.E。
だって、可愛いじゃないですか。甘ったるくないし。
女子アイドルで、女からみても全然嫌味じゃない可愛さって・・・やっぱ性格もよいんでしょうねぇ。>期待込み

track2 Super starに雰囲気にてます。こういうタイプの曲はEllaによく似合う。
track3 どことなくフェイ風なふわふわ~っとした空気が漂ってくるのです。
track5 スペインっぽいミディアムテンポな曲。
track7 冬のメリーゴーランドって感じ。私はこの曲が結構好き。
track10 候鳥がどの曲か知らずにアルバム聴いたらこっちがジェイの曲だと思ってたかも?な、バラード。

あえて書かなくてもいいかなー?と思ったけど、候鳥は東風破に似てますね。
b0036717_021501.jpg

ゴテゴテの衣装よりもこんな↑洋服のほうがいいと思うんですけど。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-26 23:52 | 中華芸能/映画/音楽

今日のJAY
え~かっこよすぎるんですけど…。@ @

b0036717_175785.jpg


我、また眠れなくなるじゃん。
(ちょっとネットチェックして寝るつもりが、こんな画像を見つけてしまったせいで、ニュースサイトを渡り歩くはめに)

「D調的華麗」は今日(25日)発売でしたっけ?
ファンサイトでちょこちょこ画像が流れ始めてるんですけど…
私も早く手配しなくちゃ~。

1年くらい前はファンでありつつも「JAYは微妙だ」と言いまくってたのに、最近どれをみてもカッコよく見えるのは、JAYが本当にかっこよくなったのか、私の頭がおかしくなったのか…。

久々に見たジェフリーはこんなんになってて、なんか嫌です。
本当にこれがジェフリーなの?って疑ってしまう。
もともとよく知ってるほうではないけど、友達に見せてもらったMVでは妖艶な雰囲気、バラエティでは爽やかな感じ。って思ってたのに…なんか違うゾ。

それと比べると(ジェフリーすまん。)、ジェイは男らしくなったけど、可愛さを失ってなくていいねぇ。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-25 01:16 | 周杰倫

着メロ
私の携帯の着メロはもちろんJAYなんだけど、いっつもマナーモードにしてるので「どの曲だっけ?」と考えるくらい聞いた事がない(涙)

勿体無いですね~
でもアラームに日替わりで使っているので大丈夫です。

ところで、Enjoy Chinaの11月の特集がジェイだったと今知りました。
(欲しい曲がなくなったので解約してました)

さっそく下載してきたがね~

新着曲は
外婆・完全主義・困獣之闘・死戦之殤・梯田・父我回来了

でしたが、他にも持ってない曲があったので10曲全部落とそうと思ったら、ひとつ残ったのでジョリンの「布拉格广場」も入れました。
どうしてこの曲がそんなに好きかって言うと、聴いたら分かるんですが半分くらいジェイが歌ってるんですよね(笑)他のジョリンの曲でもJAYは歌いまくってるんですが、この曲は特に多いです。曲自体の雰囲気もいいし。

話を着メロに戻して…
CDで聴くのと着メロにしたのではかなりイメージが変わってしまい、イマイチだなぁと思うものもあるのですが、やっぱりもともと好きな曲は良いですね。
明日からの目覚めは、七里香、外婆、擱浅、死戦之殤、布拉格广場、あたりを使おう…
と思ったら、

きゃーーー!!!

死戦之殤を保存し損ねています、私。
よりによっていちばん好きな曲を…えーーー!!!!!

来月まで待たなきゃいけないのかしら。ショックです。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-22 23:40 | 周杰倫

ジョリンのコンサート
昨夜の蔡依林演唱会にゲスト出演しました~~~!!
☆☆パチパチパチパチ☆☆

ゲストに呼ぶかも!?と言うニュースを読んでいたあの頃は、もやもやした気分だったのにいざ見ちゃうと案外いい気分です♪と言うか、どうでもよくなってきてます。

b0036717_1142640.jpgb0036717_11445275.jpg
周杰倫さんはアンコール時に登場し「倒帯」と「布拉格广場」(私はこの曲がいちばん好きだ)を一緒に歌い、じょりーーーんのことは「超セクシー!」とおっしゃったそうです。
この写真を見る限り、スターとバックダンサーと言う感じがしないでもない。

b0036717_11421925.jpgb0036717_1144332.jpg
いつもはかわいい周杰倫さんも、蔡依林さんのお隣に並べばさすがに男らしさ大放出です。ちなみにうっすらヒゲ面。
今年はブラウンのモハモハがお気に入りなのかしら?

右の写真、張り切って踊ってたら滑って転びかけたジェイを見て
ジョリン「あ、こけた。(大丈夫…?!)」
ジェイ「こういうフリだよ。(俺様がこけるわけがない)」
そんな雰囲気です(もちろん私の想像)。



b0036717_23385759.jpgそれと余計な話なんですが、ジェイとの共演よりも羅志祥との絡みのほうが気になったりして…

←まぁ、どんな演出だったかが、わからないので何とも言えませぬが。

台湾っていつの間にこんなに破廉恥公認な国になったんでしょう?前からそうでしたっけ?

やきもち焼くような写真はなかったので、とりあえずは今日1日良い気分で過ごせそうです(笑)
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-21 12:02 | 周杰倫

今日のおやつ
一昔前、韓国食材・雑貨店に通っていた頃があり、ビデオ、ラーメン、お菓子をよく買っていました。
とりわけお菓子が大好きだったのですが、最近は行っていません。

その中でもいちばん気に入っていたのが「チョコもちパイ」でした。
見た目はチョコパイだけど、ケーキじゃなくてお餅でピーナツクリームをサンドしチョコのコーティングがしてあります。

「美味しいんだよ」と、人にあげても、すっごく甘いので拒否られることもありました。

でも星児は大好きで、行く度に買っていました。

だけど、チョコもちパイはお店から姿を消してしまったのです。
・・・大好きな人が買い占めたのかな?
次にお店に行っても売っていませんでした。
それならば、韓国へ行く人に買ってきてもらおうと、インターネットで調べてみても「最近は現地でも売ってないらしい」と言う情報しか得られませんでした。(でもチョコもちパイを好きな人がいることは発見)

それからすっかりチョコもちパイのことは忘れていたのですが、先日友人に
「これ、売ってたよ」
と渡されたのがこれです。↓
b0036717_0404991.jpg

販売者はやおきんだけど原産国は韓国となっているので輸入して売ってるのかな?
とにもかくにも嬉しいったらありゃしない、ですわよ☆(意味不明)
また食べられる日が来るとは!

あの頃よりも甘さ控えめになったような気はしましたが、やっぱりおいしぃ~。

他にも韓国のお菓子で美味しかったのは、ヤンパリング(オニオンフライ風のスナック菓子)とカニの形をしたスナック菓子(名前忘れました)です。
そんなこんなで久しぶりに食材屋に行ってみようかなぁ・・・と思いましたヨ。

チョコもちパイは楽天で買えるようです。「もちチョコ」となってます。
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-20 00:52 | その他

素敵なサラリーマン
こんな人と毎朝通勤を共にしたいものです。

文字化けを直そうとエンコードをいじる度に「エラー」強制終了…の繰り返しです。
我のPCは中国語に弱い。(ハングルは平気なのに)

b0036717_172523.jpgb0036717_173617.jpg

b0036717_175512.jpgなので、何の写真か分かりません。
何かの撮影であるとは思いますが…  

ネクタイがちょっとピンク。本当に好きなんだなぁ。と言うか、ここまでくると何か意味でもあるんだろうか?と思ってしまいます。

凄く眠かったけど、一気に目が覚めました。あまりのカッコよさに。

最近のジェイは突っ込ませてくれない…
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-19 01:14 | 周杰倫

「オールドボーイ」を見た
b0036717_2484896.jpgカンヌでグランプリ、ちょっと好きだったユ・ジテの出演作、と言うことで見てきました。

開始1秒、音楽に引き込まれてしまった。(サントラを買おうかと思っている)

この映画はストーリーをちょっとでも知ってしまうとのめり込めないような気がする。
いつもは予備知識をもって映画館へ行くことが多いのだけど、今回は出演者と「15年監禁された男の物語」ということしか知らずに行った。

監禁物語だと思っていたので、監禁というより牢獄だな…と思って見始めたのだけど、話が進むに連れどうやらそれは違うらしいことに気付く。
「なぜ監禁されたか」「おまえは誰だ」その答えを探し、犯人と暴力・心理戦を繰り広げ、とにかく恐かった。見てるだけで痛い。
展開が早いし、現在・過去・幻覚(というか頭の中)の映像があっちからこっちから映し出されて、考えながら見ないといけないので、たまについて行けなくなることも。
とにかく必死で見ていた気がする。


最近の我、突っ込みが行き過ぎて笑えない、それは貶してるよ。って感じだったので「突っ込み自粛」を宣言した翌日、雑誌の占いで「たとえ本当のことであっても、相手が傷つくことがあります。言葉使いに気をつけましょう」と書かれナイスタイミング~なんて喜んでいる場合じゃなかった。
「突っ込み自粛」の実行は難しく「本人に向かって言ってないからいいよね」と自分を甘やかしていたけど、この映画を見たら、それも怖くなりました。
噂話から人が死んだり、監禁されたり…多分自分の周りでは起きないだろうけど。あくまでも多分だしね。気をつけます。

後から知ったのだけど、原作は日本のマンガらしい。
オフィシャルサイト
[PR]
by seiji-jay | 2004-11-18 02:51 | 韓国芸能/映画/音楽


つっこみどころ満載・周杰倫が大好きな星児の日々思うこと。